DeFinityは、世界初のライブ現金外国為替(FX)取引を、許可のないレイヤー1ブロックチェーンに記録します– PRNewswire

広告中点
広告中点
広告中点
広告中点

LONDON, 1月12、2022 / PRNewswire / —外国為替、デジタル資産、CBDCの機関投資家向けデジタル資産ECNおよびDeFiマーケットプレイスであるDeFinityは、許可のないレイヤー1WeOwnブロックチェーンに書き込まれた世界初の決済済み現金FX取引を発表しました。

マイケル・シウェクDeFinity Marketsの共同創設者兼最高収益責任者は、次のように述べています。「デジタルと従来の両方の資産クラスにわたるDeFinityの機会は広大であり、ブロックチェーンテクノロジーの採用によって支えられています。 決済済みの現金FXおよびデジタル資産取引をブロックチェーンインフラストラクチャに印刷するタイミングは、最近発表されたCobaltパートナーシップに沿った好機です。」

OTCの外国為替市場は、90年代後半の電子化以来不透明でした。 価格は会場によって異なるため、均一な実行ベンチマークを確立することは困難です。

DeFinityMarketsの共同創設者兼COOであるAshwindSoonarane氏は、次のように述べています。 」

匿名または完全に開示されたデータは、独自の戦略を保護するために、リアルタイムで、または遅延ベースで記録できます。 クライアントは、サービスの特定のコンポーネントをカスタマイズして、内部および外部のレポート要件に関するニーズを満たすことができます。

マヌー・チョウダリー、DeFinity Marketsの共同創設者兼CEOは、次のように述べています。透明性と分散化。」

クリスパークDeFinity Marketsの共同創設者兼CFOは、次のように結論付けています。サイドおよびセルサイドコミュニティ。 これらの開発を背景に、DeFinityが December 2021 最初のライブトレーディングクライアントと。」

DeFinityは、レイヤー1ブロックチェーンでトランザクションのライフサイクル全体を取引および記録する機能をカウンターパーティに提供します。 WeOwnレイヤー1ブロックチェーンの独自のハイブリッドアーキテクチャにより、サービスのユーザーは許可のないチャネルをオプトアウトし、代わりに許可されたブロックチェーンで完全なプライバシーを維持し、選択したカウンターパーティ、規制当局、サードパーティの分析ベンダーとデータを共有できます。

DeFinityは機関投資家にとらわれず、そのエコシステムにより、幅広いカストディアンがバイサイドおよびセルサイドの参加者と対話できるようになると同時に、これらの参加者は執行場所に関して完全に柔軟に対応できます。 DeFinityは、FIATと暗号通貨が収束するにつれて、金融機関の変曲点を実現するための環境を作成するというビジョンを常に保持してきました。 両方の個別の資産クラスでパートナーと市場をリードする地位を確立することで、ロードマップの提供を加速することができます。

許可のないレイヤー1ブロックチェーンに記録されたトランザクションを表示するには、ブロックチェーンエクスプローラーを使用するか、次のMediumブログにアクセスしてください。

https://explorer.weown.com/

アクティブなサブスクライバーは、ホワイトラベルベースでDeFinityブロックエクスプローラー管理ポータルの詳細なトランザクションデータにアクセスできます。  

https://medium.com/definity-network/definity-records-worlds-first-live-cash-foreign-exchange-fx-trade-to-its-permissionless-layer-1-36e9e3ac5d8

DeFinityMarketsについて

DeFinity Marketsは、DMALINK、WeOwn、およびそれぞれの創設者が運営および所有する金融テクノロジー企業です。 DeFinityは、法定外国為替、暗号通貨、中央銀行デジタル通貨(CBDC)向けの機関向けデジタル資産ECNおよびDeFiマーケットプレイスを運営しています。 デジタルアセットECNに加えて、DeFinityは、WeOwn、Ethereum、Polkadot、Binance Smart Chain、Cardanoなどの既存のブロックチェーンフレームワークを利用した、相互運用性に重点を置いたレイヤー2プロトコルおよび分散型交換ソリューションです。 強力な規制の枠組みの中で地方分権化の力を利用して、同社は特に中央銀行のデジタル通貨とFX清算のための地方分権化された金融サービスの将来のサポートに向けて調整されています。

より多くの情報接触のため:
[メール保護]

+ 44(0)20 3290 6580

ソース デフィニティ

ニュースソース

広告底部
広告底部
広告底部
広告底部

コメントはありません